苦手なロープの縛り方を教わって、動画に収めるとメリットで溢れた

どうもこんにちは、やまです。

今日は動画という手法を使ったことにより

超苦手なロープの縛り方を習得できたし、先輩に超喜ばれた事について話していきます。

 

僕は農業機械の会社で営業として働いているのですが、

機械を売る契約を交わした後には、当たり前ですが

納品があります。

 

この納品の時に僕には超苦手な嫌な仕事が1つだけありました。

それは機械とトラックの荷台をロープで縛って固定することです。

 

お客さんのところに納品するときは、トラックに機械を載せて運んでいきます。

トラックが走るときに荷台から落ちないように、

機械をトラックの荷台と固定させなければならないのですが、

 

このロープで固定させるという作業が、僕は超苦手でした。

僕はこれが超苦手で全然覚えられなくて、いつも先輩にやってもらっていました。

「このままじゃいけない、自分で覚えなきゃ」と思いながらも

 

いつも時間に余裕がないことから、先輩がロープ縛りさっとやってくれていました。

また、僕にも先輩がやってくれるっていう甘えもありました。

本当、先輩に頼りっぱなしの自分カスですね、、、

 

ですが、先日、時間に少し余裕があって、

先輩から「俺10分だけ時間が空いているから、これからロープの縛り方教えるから絶対に覚えろよ」

と言われ、突然教わることになりました。

 

先輩が「最初こう縛って、次こう、次こう、、、、最後にこう縛れば荷台としっかり固定されるんだよ。よしやってみろ」

 

僕「(ロープを縛る)こう、こう、こうですか?」

 

先輩「いや、違う、こうだって」

 

僕「こうですか?」

 

先輩「いや、違う、こうだって、なんでできないんだよ」

 

このやりとりが3回くらい続いた時に、僕はこの短時間では頑張っても覚えられない、という限界を感じました。

と同時に、せっかく時間を割いて教えてくれる先輩にとても申し訳ない気持ちになりました。

何度も同じ質問はできないな、、と思いつつ、

 

「苦手なロープの縛り方覚えるのに、先輩は何度も教えてくれいるのにできないし、、俺どうすればいいんだ、、」

 

とだんだん焦ってきました。

5分後には先輩が外回りの仕事に出発しなければいけないのです。

 

今は何回も同じことを先輩に聞いても許してもらえるが、

これが、もしも明日、明後日、1週間後に

僕「先輩、前教えてくれたロープの縛り方も1度教えてください」

と聞いたら、、、

 

先輩「は?何回も教えただろ、ふざけんじゃねえ」

ってなるに決まってます。

 

「さぁ、どうしよう、なんかいい方法ないかなー」と思っていた矢先に

ひらめいたのが、ロープの縛る手順を動画に収めさせてもらうことです。

 

1度動画で撮らせてもらえれば、

僕はその動画を何度も見て何度も復習ができます。

先輩は忙しい中これ以上時間を割いて僕に手取り足取り教える必要は無くなります。

 

僕も先輩に何度も同じことを聞く必要が無くなります。

そう、お互いにメリットしかない。

これは絶対やるしかないなって思いました。

 

僕は先輩に「ロープの縛り方これ以上同じことを何度も教えてもらうの申し訳ないので、動画に収めさせてください」

と頼み込んだら、

先輩「もちろんいいよー。お前不器用だけど、覚えようとする意欲が伝わってきて嬉しいわ、頑張れよ」

 

って言ってもらうことができました。

先輩が出先に外出している間、僕はその動画を見ながら、何度も何度もロープを握って、

10回くらい繰り返したところ、なんとか習得することができました。

 

先輩が出先から帰ってきて

先輩「やま、お前ロープの使い方マスターしたか?」

 

僕「はい、やっとできました。見てください」

 

先輩「おーやったじゃん。教えた甲斐があって良かった。これからは俺はチェックだけで済むわ」

 

僕はもちろんやっとの事ロープ縛り覚えれて嬉しかったし、先輩もすごく喜んでくれました。

 

これは、動画を使って何度も学ぶことができる仕組み化をしたからこそ成り立ったわけです。

僕はネットビジネスをやっていて、動画で学ぶことが超多いです。

動画の何が良いかって、場所を選ばない。

 

トイレでもお風呂でもスマホさえ持ち込めれば学ぶことができます。

僕はお風呂で動画を反復して見返すことが多いです。

 

高級ビデオカメラなんてわざわざ用意しなくても、

スマホやアイフォンでもすごく綺麗な動画が撮れます。

 

また、僕は自分の動画をYOUTUBEにアップロードもしています。

文章じゃ伝わりにくいことも動画ではたくさん話しています。

 

1度動画を作ってアップロードしてしまえば、

10人に100人に、僕の動画を見てもらうことができます。

この1の力で10、100の効果が出ることをレバレッジが効くといいます。

 

自分の分身を作るようなことが可能になる訳です。

 

僕は、仕事で動画を撮って何度も学べる仕組みを作ったことにより

効率的にロープ縛りの仕事を覚えることができました。

また、先輩からは一生懸命で嬉しいと超よろこばれました。

 

知識も身について、先輩との人間関係も超良くなったって

本当にメリットだらけでした。

 

先輩がロープを縛っている動画を10回も見たってことは、

動画がなければ、先輩自体が10回もロープ縛りを僕に教えるしかありません。

 

もしも、動画に納めるという選択肢が僕の発想になかったら、

何度も何度も先輩に「もう1度ロープ縛り教えてください」

と聞くか、

 

同じこと聞いたら、絶対先輩から怒られることから

聞かずに知らんふりをして、いざ次にロープで縛れと言われた時に

できないことをバレて怒られるという

 

最悪な結末を迎えていたことは間違えありません。

 

今回のロープ縛りの事例から、

先輩と僕の両方にメリットがある

動画の仕組みの力ってめっちゃすごいな!

 

と感激したことと同時に、

これから日常でも仕事でもネットビジネスでも

どんどん学ぶための仕組み化を使っていきたいなって思いました。

 

今日は以上です。

ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

1 個のコメント

  • 「保存」する力ってすごいなーって思っていて、
    これは僕が勝手に「保存の力」って言ってるだけですが、
    いわゆるレバレッジの力ですね。

    この話を経営者側が考えた時、
    ビデオを撮ったのはやまさんですが、
    仮に先輩が撮ったとして、
    やまさんの立場を外注さんやお客さんだとして、
    一度先輩がノウハウなどを動画にして撮り、
    それを外注さんやお客さんに提供すれば、
    先輩の時間は、動画を使わない未来よりも増えます。

    このように、先輩がビデオを撮ることで
    勝手に学べる仕組みを作り、
    先輩の時間を大いに増やし、外注さんの役にたたせることが出来るようになります。
    僕らの時間を増やしてくれて、勝手に働いてくれるのが、
    「保存のちから」なんですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です