高額塾で100万騙されても、物販で50万稼いで仕組み化、外注化へ

どうもこんにちは。やまです。

 

先日、僕の企画を購入して頂いたSさんと通話で話してみて

100万も騙しとられたという辛い過去がありながらも、

もがき続けて物販で月50万も稼いだ。

 

それでも最後はアフィリエイトの外注化&仕組み化に目を向けるってことを改めて学びました。

ネットに限らず、ビジネスで大事なことっていかにレバレッジをかけて自動化していくか

ってことに限ります。

 

レバレッジとは1の力を100にも1000にもすることです。

レバレッジ極めてしまえば、もう作業地獄で苦しむことは無くなりますし、

仕事の残業や急な病気などで作業時間が取れなくなっても

不安に苦しむこともなくなります。

 

そして、外注化とはレバレッジが最大限に効くもの。

どうしてなのかは、既にわかる人も多いとは思いますが、

追々深く話していきますね。

 

ちなみに最近は初心者だけではなく、

既にネットビジネスで結果を出している人も連絡をくれる方が多く、

僕も自分以外の視点からも勉強させてもらえる機会が多くて嬉しく思います。

 

ただ稼いでいてもレバレッジがかからない作業は山ほどあって、

Sさんは自分でそれに気づいて、

これから脱獄のノウハウをもとに外注化していくことになりました。

そんなSさんのことについて話していきます。

 

Sさんは数年前にもアフィリエイトに挑戦しようとして、

かなり覚悟を決めて、高額塾みたいなものに100万以上の投資をして、

コンサルティングを受けたつもりだったようですが、

 

まさかのネットビジネスの指導なんて一切受けることができなくて、

その団体の商品をひたすら売らされるっていう

最悪の事態に陥ったそうです。

 

完全に詐欺のようなものに騙されてしまったという。

 

これについては本当に気の毒で、そんな奴らが一切捕まることなく、

覚悟を決めてビジネスを頑張りたい人の気持ちを踏みいじり、

大金を騙し取っているって考えると、マジで今すぐ死ねって思いますね。

 

僕ならそんな大金騙されたらネットビジネスなんて辞めていたかもしれない、

でも、Sさんはそんな酷い体験をしていても、

諦めることなく、ビジネスを学んで実践する道を突き進みました。

 

Sさんは物販せどりを始めました。

 

せどり転売は即金性が高いという点では魅力的だし、

安く買って高く売るというビジネスの原理原則を学べる。

 

転売って聞いたら嫌気がさす人が多いのは、

ライブチケットの異常な高額販売とか、去年騒いでいたニンテンドースイッチの件とかで

 

その気持ちはよく分かるけれど、

世の中のビジネスは全て転売で成り立っています。

 

貿易会社、商社、飲食店、アパレル店、スーパー、薬局

など仕入れの値段に利益をつけて売っているという原理原則があります。

 

これは物だけじゃなくて、会社が従業員を安く雇って高い利益を出させるのも一緒です。

会社は従業員の時間や労働力を安く買い取って、会社に貢献させるってことを絶対にやっている。

話は飛びましたが、Sさんはとにかく物販せどりを本気で実践した。

 

100万という高額はもう戻ってはこない。

でも、自分は詐欺なんかじゃなくてビジネスで返すんだと誓った。

 

その原動力からか、物販についてかなり勉強をしたようで、

販路をアマゾンなどプラットフォーム1つに依存しないことや、

いかにライバルと差をつけるための戦略を立てるなど。

 

無我夢中で学んで実践をした。

介護職という過労の仕事をこなしながらも、

学んで作業、学んで作業と物販せどりをこなしていった。

 

無料の情報だけでも稼げていたけれど、

もっと知識を増やしたい、

自分の幅を広げたいという向上心から有料の物販教材も購入した。

 

でも辛いこともあったようで、

信用していた人をバイトとして雇ったら、そいつに金を盗まれたこともあったらしい。

信頼があった人だったからこそ、悲しさも大きくて怒ることもできなかったそうだ。

 

そんな辛くて悲しい状況の中でも、Sさんは諦めるという楽な道を選ばなかった。

すると、気づけば毎月のように50万という利益を切らさずに出せるようになった。

 

高額塾に大金騙されたり、うまくいかないことも多かったせいか、

物凄くすごく嬉しかった!自分でも稼げるんだって!

ただ、介護職と物販せどりの両立って時間と労力がもう限界を超えている。

 

確かに物販は即金性が高いのが魅力的だけど、

再現性が高くて、誰でも簡単にできてしまうことや、

 

どんなに作業を積み重ねていって月50万円も、

1度でも作業を辞めてしまったら1円すら稼げない。

 

そんなことを不安に思いながら、

アフィリエイトにまた挑戦しようかなと思うようになった。

 

せどりに比べたら確かに稼げるまで多少時間がかかるものの、

サイト運営は1つ1つの作業がレバレッジがかかるという魅力がある。

 

サイトのプロフや記事というものは、1度しっかり作りこんでしまえば

あとは集客さえしてしまえば100人、1000人と人を呼び込むことができる。

 

そして、価値観の合う人は連絡をくれたり、ファンになってくれたり、商品を買ってくれたりもする。

とは言ってもこのサイトを作りこんでいる時っていうのは、

かなりの体力や労力が必要となる。

 

サイトを作るにあたって、リサーチ、商品選定、キーワード選定、プロフ作成、記事作成、画像選定

とやることは腐るほどあるのだ。

 

1記事書くだけでも1時間かかるとしたら、

100記事書くのに100時間も必要となるし、

他のやることも考えると具合悪くなってくる。

 

あとは、いつも同じモチベーションや高い意欲で作業できるとは限らない。

具合悪い時もあれば、仕事で疲れてどうしても作業できない時すらある。

そこで強力な武器となるのが、記事の外注化である。

 

記事作成を外注化してしまえば、

自分が介護職で残業や朝まで夜勤をして身動きの取れないときでも、

外注さんは記事を作成していてくれる。

 

自分はキーワードと指示だけをしていれば、

外注さんはしっかりと記事を書いてくれる。

 

たった1つの指示が1時間分の記事になるって

もうお分かりだとは思いますが、

外注化はレバレッジが最強レベルに効くものなんですね。

 

それで僕の紹介している外注化に特化した商材の「脱獄」に出会って、

レビューしているサイトを検索エンジン経由でいくつも見た中で、

1番しっくりと来たのが僕のレビューとサイト全体だったらしい。

 

それを聞いて僕は超絶に嬉しかったですね。

ちなみに僕の脱獄レビューはこちらです。

12/23特典追加「脱獄DATSUGOKU」外注化商材レビューと僕が購入してどう変わったか

 

僕の特典の動画を見て、

言っていることをすぐに実行に移してくれたみたいで、

今はそのリサーチをしながらサイトを作り込み始めているみたいです。

 

Sさんとの通話を終えて、

100万という大金を騙し取られたり、

信頼していた雇ったバイトに金を盗まれたりと、

 

僕なら一瞬にしてビジネスを辞めていたかもしれない状況の中でも、

その辛い過去に負けない勢いで行動しているSさんは超かっこいいなって思ったし、

 

僕もSさんの勢いに負けないように、もっと高みを目指しての知識への投資、

コンサル生への指導や、日々の仕組み作り、外注化など、

 

できることをもっともっと最大限に頑張っていかなければいけないな

と心に強く突き刺さるものがありました。

ということで、今回は以上です。ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

1 個のコメント

  • Sさんカッコイイですね。
    僕なら騙し取られた時点で自殺寸前に追い込まれます。
    多分精神的にも、人間関係的にも追い詰められて
    この世の全てを諦めているんじゃないかな…
    それほど、諦めずに頑張って、さらには成果も出している…
    僕にとってはものすごくカッコイイです。
    やはり、諦めない人が成功するんですね…(努力もあるけれど)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です