ようやくネットビジネスで脱サラすることが決まって心境などを書いてみる。

どうもこんにちは。やまです。

 

メルマガでは既に話していたのですが、

来月の3月で僕は勤めている会社を辞めることで

確定しました。

 

約2年前から始めたネットビジネスを本業にしたいと

ずっと思い描きながら作業に取り組んできましたが、

ようやくその時が来て、すごく嬉しく思っています。

 

これからは今まで以上に堂々と情報発信やサイト運営ができる!

会社での嫌な仕事や理不尽な扱いとはおさらばできる。

 

色んな人がおめでとうと言ってくれるけれど、

単に会社を辞めたというだけなので。

当初思い描いていた派手な達成感とかは別にないです。

 

まだしっかりとした実感が湧いていないのかもしれない。

 

それよりも、これからは気を張って

勉強して行動しないと死ぬ。食えない。餓死する。

面倒位から妥協とかしていたら、マジで死ぬ!

というプレッシャーのが自分の中で大きい。

 

住む場所については、2年間住んでいた栃木の家を出て、

東京の方へ引っ越します。

数日前に東京で住む家も見に行って、

だいたい決めてきました。

 

でも、こういった環境に自分を置いて、

本気でビジネスに取り組みたいって

ずっと思っていたので、嬉しい気持ちも大きい。

 

会社で唯一、僕の副業のことを理解してくれている、

上役の部長からは、

副業禁止でも不動産とか投資をやってる奴たくさんいる。

 

それに外の世界で学ぶことも大事だから、

副業としてやってもいいぞって言ってくれたのですが、

いつまた転勤になるか分からないし、

 

去年の4月に辞めたいって話したら、

繁忙期でシーズンだから3月まで待ってくれと言われ、

今回を逃したらまた1年かかると思うと、

僕はこの機会を逃す訳にいかなかった。

 

面談で上司2人に向かって辞めたいと

話してみると、

あんなに活き活きと働いていて、

 

できることも増えたし、

お客さんからの評判も良いのに、

それでも辞めるのか?

 

もう辞める気とかなくなったと思っていたから

すごく残念だわ。

 

と超びびられました。

なので、

はい。辞めます。心変わりもないです。

とはっきり伝えたら、ようやくわかってもらえました。

 

いやー、辞める話をするってなかなか緊張しましたね。

その後に上役の部長との面談では、

 

部長「誰かに決められた道よりも自分で決めた道のが後悔しないし、

それに向かって是非頑張ってくれ!

起業のことは会社に言ったら面倒臭いから、俺が隠しとくよ!」

 

とのことで、もう部長だけはマジ神だなって感動した。

そこから、よっしゃー!辞めれるぜってテンション上がるかと

自分では思っていたけれど、

 

これがなぜか真逆の展開になってしまった。

辞めれて嬉しい気持ち、同僚、お客さんに申し訳ない気持ち。

結局何が良かったのか分からない。

そういや、俺ってずっと親の反対意見を通してたな。

 

俺だけ周りを置き去りにして、

こんなんで最悪なのか?

など謎の自己否定モードに陥った。

 

などなど、色んな感情が重なり合って、

なぜか燃え尽き症候群で3日ほど鬱みたくなりました。

夜も寝れなくなったり、頭痛、吐き気、体もガチガチに張り詰めました。

ちなみにもう復活しています。マジでいらない苦痛の限定3日間だった。

 

でも、結局自分の人生は自分で決める。

常識とされている謎のレールに乗るのはもう無理。

だから悩む必要なんて全くないということ。

 

同僚のほとんどの人は

気を遣ってくれているのか、

今後のこととかをあまり聞いてこないんだけど、

 

とある押しの強い先輩からは、

先輩「お前は辞めてどこで何をするんだよ!?

 

僕「あ、すみません、ちょっと、、」

 

先輩「ちょっとって何だよ?なんで、

俺に相談しないんだよ?ごまかすなー!教えろー!」

 

と毎回顔を合わせる度に言われていました。

確かにちょっとって何よってのは自分でも思いましたw

 

でも、確かにお世話になったのに、

何も言わないで出て行くって意味不だなって思って、

 

インターネットを使って起業をしていて、

それ一本で仕事をするということを

先輩2人に話しました。

 

歳も10歳以上も上の先輩方なので、

そんなの無理に決まってるだろって言われると

思っていましたが、

 

先輩「意外とちゃんと考えてるんだな。羨ましいよ!がんばれー!」

と応援してくれて予想外に嬉しかったです。

勝手に決めつけていた自分が惨めでしたね。

 

それで、あったまったと思っていたら、

 

つい先ほどには、親から電話が来て、

父親「どこか就職を見つけて副業にしろ!

そんなに世の中は甘く無い。何で東京?実家でもいいだろ」

 

と忠告をされたのですが、

僕としては意地とかプライドもあるので、

自分のビジネス1本でやっていこうと思っています。

 

というか甘く見てねーし!って親に言い返したい。

実家にいて、集中なんで絶対にできない。

常に「お前!就職しろ!それか実家の船に乗れ!」

と連呼されるのがもう想像できるので。

 

でも、親には直接口答えはしないという

決め事が自分の中にあるのだ。

 

口で言い負かしたとしても、

あまりメリットはないのでw

 

でも、本心では、くそー馬鹿にしやがって!

絶対に見返してやる!

とモチベを燃やしています。

 

なぜかネットを使って事業をしているというだけで、

汗水垂らしてないとか、楽して稼いでる甘い奴だと

決めつけられてしまいます。

 

もうここまで来たらフルシカトのゴリ押しで行くしかない

っていう結論に至りましたね。

反対されるのも最初はショックだったけれど慣れましたので。

これからの結果で見返すしか選択肢はないと思い知った。

 

最初は嫌で仕方ない会社を辞めるためにネットビジネスを始めた。

でも、ビジネスを学びまくったら会社でも

多少の結果を残せるようになった。

 

結果というのは営業の売り上げとかよりも、

同僚やお客さんから必要な存在になれた

という実感だった。

 

あとはビジネスを学ぶ前は会社でも時間だけで嫌々働いていた

それが今では、会社の仕事も時間ではなく、

店全体の経営のことや誰かの価値になること。

 

もしも自分が上司だったら、

僕にどう動いて欲しいのか?

もしも自分がお客さんだったら、

僕はどういう営業マンであるべきなのか?

 

劇的な変化だったのだけれど、

こんな風に考えることが当たり前になった。

でも、それは紛れもなくビジネスを学んで、

副業とはいえ真剣に自分でビジネスをやってきたからだ。

 

教材を購入したり、勉強会や懇親会に行ったり、

年下の師匠に頭を下げてビジネスを習ったり、

自分のやっていることを踏まえて事業主にアドバイスをしたり。

 

毎日の日常の中で、僕の優先順位は会社の仕事よりも

自分のビジネスのだった。

会社の仕事よりも極力ネットビジネスを優先してきた。

 

毎日が劇的に楽しくなった。

色んな視点が身についてすごく刺激的だった。

こんな何のスキルも才能もない

俺にもビジネスできるんだなって超うれしかった。

 

ネットビジネスを始める前のように、

転職の求人を見ることもなくなった。

色んな人から起業って不安はないのか?とかずっと稼げるのか?

 

とか質問を受けまくる今日この頃なのだが、

僕からすると、

そんなのやってみないとわかんねーけど、今は本気でビジネスやるしかない!

 

って答えています。

 

ということで、今回は以上です。

これからは今まで以上によろしくお願いします。

ではでは。

 

 

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です