急性胃腸炎で死んでいた僕を救ってくれた「腹巻」はダサいけど神アイテムだった

どうも、こんにちは。やまです。

 

今回は、急性胃腸炎でどんなに薬を飲んでも駄目だった僕が、

 

プライド捨てて「腹巻き」を使ったら1発で治ったという話をしていきたいと思います。

 

 

いやー、腹巻きはマジで神です。なんていうか、隠れ神アイテムですね。

 

ってか冗談抜きで僕の命の恩人なんです。

 

と同時に、前までダサいとか見下してて本当にゴメンなさい。。

 

 

 

ここから閲覧注意 

 

食事をする前の人はこの記事を絶対に見ないでください。見ても自己責任でお願いします

 

 

 

んで、何があったのかというと、

 

1週間前に僕が珍しく休日に外食ではなく自炊をしていた時のこと。

 

 

 

3か月くらいずっと、昼、晩の食事を

 

コンビニ弁当、スーパーの弁当、外食と続けていたらさすがに飽きた、、

 

 

 

食べたいものがない、食事の時間にはなぜかため息が出るという末期のやばい状態になったのです。

 

コンビニ、スーパーで食べたいものがなくなるって人生で初めてだった。

 

 

 

まぁ、自炊をサボっていた僕が悪いので、

 

ため息をつかれるコンビニ、スーパー側からしたら

 

ふざけんな!お前が怠けてっからだろって感じだと思いますがww

 

 

 

それで、3か月ぶりに1回軽く自炊をしたら

 

「え、なんだこれはー!ご飯が生きてるみたいで超うめーじゃん!」

 

って3か月ぶりの自炊で飯が生きているとかわけわからんヤバイ感覚になったんですねww

 

 

 

他で例えると、教科書英語ではなく、生きた生の英語みたいな!いや、自分でもわかんないなw

 

 

それで、自炊に火がついた2日目のこと。僕はバカだから、自分に酔っていた。

 

 

「今日も俺は生きた飯を食うんだぜ。もう俺は生まれ変わったからね。

 

スーパー、コンビニ君よゴメンな。俺はもう縁を切るぜ。

 

飯は生きてなきゃだめなんだよ」

 

 

と、相変わらず自分に都合の良いように僕は1人で調子に乗っていた。

 

 

冷蔵庫を開けてみると、肉、長ネギ、豆腐となんとも健康的な食材があった。

 

やっぱ健康な食べ物を食べて、美食家になって健康な体を作らねばね。うんうんと頷いていた。

 

 

だがしかし、問題発見。豆腐が1週間の賞味期限切れている。

 

せっかく、いいノリだったのに、

 

自分のだらしなさに足止めを食らうというなんともダサい俺。

 

 

 

10秒くらい考えたのだが、豆腐は古くなったら酸っぱい味になるので、

 

酸っぱかったらすぐに捨てようって思いました。

 

んで、肉、豆腐、ネギと小刻みに切ってからフライパンに突っ込みました。

 

 

 

いざ、いただきまーす。って食べた時に

 

その豆腐はもともと味が付いているものということもあって、

 

味は変わらず、大丈夫だったし美味しく全部食べちゃいました。

 

 

火も通してるし、大丈夫だろって。

 

 

ほうほう。今日も飯が生きている。やっぱ自炊じゃなきゃだめだよねー。

 

スーパー、コンビニに頼ってばかりじゃだめだよねー。だって不健康じゃん!

 

と数日前の自分のことは棚に上げて1人で勝ち誇っていた。

 

 

 

食あたりを全く経験したことがなかったがために、僕は豆腐をなめていたんだ。

 

だって、豆腐って健康食じゃん。自分の判断に何の疑いもなかった。

 

 

次の日の朝、事件が起こった。

 

 

まず、朝起きると同時にありえないくらいの腹痛、熱、頭痛で経験したことのないくらいの具合悪さ。

 

 

布団から起き上がることもままならないが、トイレがあまりにも近すぎる。

 

ってか油断するとこれ、漏れるやつじゃん。え?なんで??超テンパる。

 

トイレでは滝が流れるような水下痢の連発。自分でも恐怖に陥るくらい。

 

 

 

ヤバイと思って水分を取ったら5分後にはまた滝が流れる。

 

ごまかして、睡眠をとったら、脱水症状になるんじゃないかというくらい

 

大量の汗が流れて、病院に行くにも日曜日だし、しかも動くことすらできない。

 

 

思い返すと、自炊をしたのに、このざまはおかしい。健康なものを食べたはず、、、、

 

 

「あ!?、、、わかったぞー、、

 

絶対、昨日の豆腐が当たったんだー。味が付いていたから、変化に気づかなかったんだー。」

 

 

 

美味しい海産物を食べて、食あたりなら1度天国のような味覚を味わっているけれど、

 

僕の場合は、豆腐にやられた。

 

豆腐で食あたりと言うと絶対に笑われる。「なんで健康食でそうなんのよ!?」って、、

 

 

体に逆流の回路がついてるんじゃないかってくらい

 

かなりの緊急事態。

 

 

丸2日間何1つ食べることができなかった。だって、食った瞬間に戻ることがわかっていたから。

 

 

救急車を呼ぶか本気で迷った。

 

だって、命の危険すら感じたからだ。1人暮らしだと助けてくれる人は誰もいない

 

誰も聞いてないけど、彼女もいないのでww

 

 

夜になってシャワーに入れば、上から戻される。あばらがクソ痛い。辛い。

 

幸い液体だけだから、綺麗に流すことができたけど、椅子もないシャワールームで

 

這いつくばりながら、なんとか体を洗った。

 

 

次の日の予定は、ライン1本で、全部断って、

 

病院に行った。

 

すると食中毒か急性胃腸炎との診断を受けて、薬をもらった。

 

 

だいぶ安心したのだが、薬を飲んでも、トイレで滝が出ることだけはずっと治らなかった。

 

正直、もう入り口付近が痛すぎて、叫び声が出そうなくらいまで陥った。

 

 

そんな時に、体をあっためても、真夏の暑さで汗をかいてすぐにお腹が冷えていることに気づいた。

 

このままなら、俺死ぬ。。。。

 

 

そんな時に「もしかして腹巻きっていいんじゃね?ダサいけど常にお腹をあっためれそうだ」

 

とひらめいた。

 

 

でも、腹巻きつけてるって、年寄りみたいで、ちょっとダサい、、、

 

とクソみたいな邪魔なプライドが僕に話しかける。

 

 

そのクソみたいなプライドを徹底的に潰しにかかる

 

 

ダサいとか言ってる今のてめえのがだせーよ!

 

やってみもしないで、知りもしないでただクソだって否定するって最悪じゃねえか。

 

もうそんなこたー言ってられん。もう俺のメンタルと滝の出口は死にそうだ。

 

滝の出口も壊したらまさに2次災害だ。死んでからじゃ遅い!

 

 

もうすぐ北海道に帰省して、海鮮、肉、ビール、そしてソフトクリームが俺を待っている。

 

 

と、自分を奮いたたせ、アンパンマンがジャムおじさんから新しい顔もらって最強になる

 

感覚で、僕は「腹巻き」というアイテムを手にした。。

 

その時の腹巻きがなぜか光り輝いて見えた。

 

 

 

2つ目のパンツを履くような感じで、足の下から腹巻きをいざ装着!

 

 

なんだこれは!常にお腹があっためられる。

 

どんなに汗をかこうが、お腹はあったかいまま保たれる。

 

 

これ、いいんじゃね?と思うと、付けたその日に僕がトイレに行く回数が激減した。

 

 

15分に1回くらいだったペースが

 

3、4時間に1回くらいまで、激減した。

 

 

 

どんなに何度もスポーツドリンク、整腸剤、下痢止めを飲んでも駄目だったのに対して、

 

腹巻きはたったの1回装着で僕を広大な滝から救ってくれた。

 

 

これは何の大げさな話でもなく、僕の生死の危険から救ってくれたのだ。

 

感謝しかない。

 

 

「腹巻きよ本当にありがとう。命の恩人だ。

 

でも、今まで馬鹿にしていて本当に本当に悪かった。

 

 

何も知らずに馬鹿にしていた、俺をここまで救ってくれて本当にありがとう。

 

これからはマメに洗濯もして大事に扱うよ。」

 

 

 

ということで、お腹の病に苦しんだ時は、腹巻きを導入するのはめちゃめちゃいいと思います。

 

1000円程度で買えるし、冷え性対策にも、どの薬よりも僕の場合は腹巻きが神だった。

 

腹巻きって名前がちょっとダサいから、みんなつけないんだと思うけど、

 

 

 

ハンガープロテクターとか横文字にすれば、少しはマシになるかな?w

 

日本人、僕も含めて横文字にはヒーキすると思うのでw

 

 

という冗談はさておき、健康の偉大さに強く気づくいい勉強になりました。

 

健康がなければ、時間もすべて水の泡だし、お金も使う余裕すらない。

 

 

優先順位は、健康←時間←お金だなって本気で思う。

 

 

これからはもっと健康についても勉強して、自分の身を自分でしっかり守らなきゃいけないな

 

壊してからじゃ、もうすべて遅いのだから。

 

 

ということで、今回の記事は以上です。ありがとうございました。

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント