ネットビジネスで行動するにまずひたすらハードルを下げろ

どうも、こんにちは、やまです。

 

ネットビジネスで行動するにまずひたすらハードルを下げろ

 

っていう話をしていきます。

 

ハードル下げることを覚えちゃえば行動が加速します。

 

 

 

ひたすらハードルを下げることができれば、どんなに疲れていようと、モチベが上がらなくても

 

何らかの小さな行動をすることができます。それを積み重ねていけば、

 

行動なんて楽勝だぜベイベって感じになります。

 

 

 

ただ僕自身も全くと言っていいほど行動できない時期ってのもありました。

 

 

その時は、

 

・毎日ブログ3記事は書けないとクソだ、

・教材買ったからすぐに稼げない向いてないのかなー、

・あの人は簡単に行動できているのに、俺ってクソじゃないか

 

 

という感じでどんどん自分を責めて辛くなって、

 

行動ができない、やる前にブレーキがかかってしまうみたいなことがありました。

 

1日3記事は書けないとクソだよっていう情報に触れて僕はそれを信じていたんですね。

 

 

 

1日3記事って確かに書ければ書くに越したことはないけれど、

 

結構ハードル高めですよ。

 

 

 

僕は今になって記事作成にもだいぶ慣れてきたので、できるっちゃできますけど、

 

1日3記事できなければクソだって考える必要はなくって、

 

どうしてかというと、これだと1日2記事でも自分を責めることになります。

 

 

 

そうなると、自信がなくなってきて、行動へのハードルがどんどん上がってきます。

 

3記事書かなきゃクソだ、でも僕には書けないって

 

考えていると、悪循環がぐるぐる回り出して、何もできなくなります。

 

 

 

なら、どうすればいいかって言うと、まずたったの100字でいいから書こうよって

 

マインドです。たった100字ってダサいだろって思うかもしれませんが、

 

書かないよりはかーーなりマシです。0と1の差は本当に大きいです。

 

 

 

んで、ブログを書くつもりで100文字書いてもらえばわかるんですけど、

 

大概、中途半端なところで終わるんですね。

 

そうなると、その中途半端が気持ち悪くて、あー仕方ないちゃんと書くかってなるんですよ。

 

 

 

そうなると、300字、500字、1000字ってだんだんと

 

エンジンがあったまってくるような感覚になります。

 

それに、どうしても最初から1000字とか無理だよっていう人は、

 

 

 

500字でも100字の量産でもいいです。

 

ちなみにツイッターは140字以内じゃないと書けないのでs、

 

まずは、ツイッターで少なくても書く練習ってのもありかもですね。

 

 

 

僕がビジネス始めたての時は、とりあえず700ー1000は書こうかって感じでした。

 

確かアドセンスの審査のために何度も何度も落ちながら、ブログを書いていました。

 

それが慣れてきて、気づいた頃には1300字、2000字、3000字って

 

 

ボリュームが増えてきました。

 

単に量をっていう考えを言いたいわけではないのですが、

 

ライティングの型に沿って記事を書いていくと、2000文字程度にはなるんですよね。

 

 

今回のこの記事も、まずは100でいいから書いてみようかってなりました。

 

ということで、ぜひハードルを下げることをやってみてください。ではでは

 

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です