斎藤一人さんの言葉が格好良すぎて、こんな金持ちになりたいと思った

こんにちは。やまです。

 

今回は、銀座まるかんの創始者である「斎藤一人さん」の話をしていきます。

 

斎藤一人さんに出会ったのは、

大学1年生時代で今後の人生について、やりたいこともなく、

働きたい職種もなく、でもなんとなくお金持ちに偏見があった時期でした。

 

理由は僕の実家も漁業という商売をやっているのですが、

すげーむかつく金持ちの知り合いって割と居たんですね。

 

単に祖父の人の良さを利用して、魚を奪いに来るやつとか、

雇っていて、給料以外に魚を無料であげているのに、

まさかの魚を泥棒していくやつとか!笑

 

なぜかじいちゃんは、ほっとけと言うのです。

 

じいちゃん、それでも許すって心広すぎるけど、大丈夫かよ!的な。

今でもそういう人が近くにいるのかはわかりませんが、

もしも、僕が実家を継いだら、そういう奴らを真っ先に全員排除しますね!w

 

はい、言葉が悪くてすみません。

 

 

ちなみに漁師ならではのパンチの効いた記事がありますが、

かなりの人気記事なので、ぜひ読んでください。

 

漁師のバイトで、かもめに氷をぶつけるだけで超価値与えることができた話

 

 

で、金持ちってカスかよ!っていう価値観が形成されていたんですよ。

 

確かに金持ちアピールは凄いのに金払いが悪い奴はたくさんいます。

僕が営業をしていた時も、それはたくさんありました。

 

ですが、それは僕のいた小さな世界でした。

 

 

ですが、斎藤一人さんのような日本でトップ層のお金持ちは、

 

考え方や言葉選び、義理人情などが本当に豊かな価値観なんだな

 

 

最初に斎藤一人の「人を動かす」を読んだ時に

度肝を抜かれたことを覚えています。

 

 

で、自分もこんなお金持ちになりたい!と心から思いました。

 

最初に出会った自己啓発書だったり、成功者が斎藤一人さんで本当に良かったと思います。

長者番付で有名な斎藤一人さんとは一体何者なのか?

そもそも斎藤一人さんって何者なのか?

ということを説明しますと、顔出ししていませんが、

 

実業家として日本トップの方であり、

 

「銀座まるかん」という健康食品や化粧品の販売をしている会社の創始者です。

 

日本トップレベルの利益を誇る会社なのに、

 

株や土地などを全く使わない、

商売だけで10年連続の日本納税額トップ10入りをされた方で、

ナンバー1になったこともあります。

 

これが株式取引場に上場していないんですよ。

 

要は、税金を日本で一番払ったことのある方です。

節税とかしないで、

所得税を払っているので、普通は節税対策とかするのに経営者として異質な存在ですね。

 

学歴は中卒で、

卒業後はトラックの運転手などをコツコツとやってきた方で、

本人はご自身の詳しいプロフィールをあまり公表してないのですが、

 

25歳の時には、銀座まるかんの前身である、

日本漢方研究所を経営し始めていました。

 

考え方がとても特殊な方で、それが大きな反響を呼び、

自己啓発書も頻繁に出されています。

 

神様の話や前世の話など、

論理的に説明のつかない話も多かったりして、

賛否両論なところもあるのですが、

 

考え方や言葉選び、人への接し方や商売に関するマインドは、

 

僕は超絶に好きで、

大学生の時には、他の著者の自己啓発書はあまり読まないで、

ひたすら、斎藤一人さんを研究していたこともあります。

 

斎藤一人さんの義理人情の話

僕が好きなのは、義理人情の話です。

 

言葉をそのままの引用ではなく、

 

覚えている範囲で書き出していきます。

金持ちになったからって高級な食事ばかり食べる奴がいるけれど、

貧乏だった時に支えてくれた、

近所の定食屋にどうして行かないんだよ?

 

そういう時にコロッケ1つ無料で食わしてくれたんなら、

高級レストランも良いけれど、金を払ってコロッケを食えよ!

そういう奴ってどこかで足元救われるよ

 

 

こういう考え方をできる人って意外と少ないよねと、最近はよく思います。

 

僕は「やま」という名前でインターネットを使ったビジネスをして、

会社員を脱サラして、それ1本で1年くらい生活をしているのですが、

 

僕の行っているブログとメルマガを使った情報発信は、

ビジネス構造上、とても効率的に利益を出すことができます。

それこそ、集客から販売までを自動化することができます。

 

ビジネスとしては、確かに損失が少なく、

僕のような普通の人でも月収100万とかを達成できる世界です。

ネットビジネスの副業から脱サラして、上京した元低スペック人間「やま」のプロフィール

 

 

ですが、ネット界隈では、ちょっと稼げて調子に乗って、

周りのサラリーマンや自分を育ててくれた親などを

平気で「どうせ、労働で稼いでいるんでしょ?」とバカにする人が多いのです。

 

まぁ、僕も調子に乗っていた時期があったので、

その気持ちはよくわかります。

威張りたい気持ちも、自分が凄いアピールしたい気持ちもすごくわかるのです。

 

ですが、そういうマウント取りよりももっと良い生き方もあるんじゃないか?

と口にはそんなに出さなくても、思うことが多々あります。

 

で、斎藤一人さんのような遥か上の成功者は、こういう考え方だよなと改めて思うのです。

 

実家の重労働と一人さんの「アジのフライは高級食材」という話

確かに僕の親や祖父は重労働型の経営者です。

 

経営学としては、社長が作業しなくても仕事が回るようにするのが適切なのかもしれません。

 

でも、そのおかげで新鮮な北海道の魚を幼少期から食べさせてくれて、僕は健康に育つことができました。

 

僕は兄弟の中でも、格別に魚が好きでした。

 

 

で、今でも実家に帰省するとそれに合わせて、

 

「ホッケやスケトウダラの味噌汁、煮付け、三平汁、フライ」などを

 

かなり豪華に揃えてくれるんですよ!

 

 

僕は家族だからといって、育ててもらえるのが当然だとは思いません。

それは、ご飯を食べさせてもらえない家庭もたくさんあるからです。

 

 

そういうことも含めて考えると、実家には一生頭が上がらないなと思いますし、

感謝の言葉もなかなか言う家ではないのですが、

そこは、色々と態度で表すようにしています。

 

 

で、貴重な命がけを必死に毎日やっている親を

「どうせ、労働型の仕事でしょ?」なんて

とてもじゃないけれど、言えませんし、

 

僕は「自分のできないことを仕事にしている人を凄い」と思っています。

 

技術系の仕事とか、ミスが許されない事務系の仕事とか、

国家資格が必要な医療従者の方、銀行員など

色んなメルマガ読者さんがいますが、みんな凄いですよ!

 

僕は向いていない仕事をすれば、かなり低スペックになるのです。

 

 

で、斎藤一人さんもスーパーとかに売っているお惣菜のアジのフライを

漁師が命がけでとってきた高級魚だぞ!と言っているのです。

 

米を作る農家さんのこともとても大事にしています。

 

そういう生き方のほうが得だよねって心から思うのです。

言葉が自分の人生を決める

言葉が自分の人生を決めると一人さんはよく話しています。

なぜなら、自分の言葉を一番聴いているのは自分だからです。

自分の脳が聞いていて、それに見合った現状を脳は実現しようとします。

 

「愚痴、文句、妬み、怒り、悲しみ、仕返し、」

 

などに関連する言葉を「地獄言葉」と言っているのですが、

僕はもともと、こういう言葉ばかり使っていて、かなり人生をだめにしました。

 

仲の良かった友達は失い、

信用してくれていた人を平気で傷つけたりしたことがあります。

で、自分はどん底の地獄のような感じになるんですよ。

 

ですが、「喜び、嬉しさ、感謝、楽しみ、幸福」

などを中心としたプラスのワードは自分の日常を良くします。

 

幸福度の高い北欧に僕は友達が多いのですが、

確かに彼らは、マイナスの言葉を使いません。

 

僕が起業というワードを出しても、

「凄いじゃん!こっちだと応援されるよ!頑張れー!」

みたいな感じですし、

 

彼らが楽しく英語を教えてくれたおかげで、

僕は1日中、英語で日常生活をおくることができるくらい、

英語も話せるようになりました。

 

また、プラスとマイナスがぶつかった時は、

必ずプラスが勝つということは、

電気の流れのように決まっていると言われていて、

 

確かにネガティブの塊みたいな人よりも

会えば元気をもらえる人の方がみんな会いたいじゃないですか。

 

 

斎藤一人さんは、

割と怪しいスピリチュアルと跳ねられることも多いのですが、

理にかなっている話は多いですよ。

 

健康になる方法は、健康だと意識してふるまうこと

また、健康になる方法は、健康だと自分が先に決めろと言っています。

 

これも脳に先に健康だということを騙してでも刷り込んで、

今ある健康を大事に過ごすと、

本当の健康が手に入るという考え方です。

 

これが、本当に健康になるかどうかよりも、

そういう考え方で過ごせば、楽になるよねって個人的には思いますね。

 

今の僕は、一般的に見るとかなり自由な生活をしていて、

よく羨ましいと言われることもあるのですが、

でも、規則的な生活があまくて、かなり体調を崩しやすいのです。

 

今もあまり良くありません。

ですが、それでも今ある健康を大事に感謝しながら、

少しずつ治せるところを治していこうと思います。

 

ネットで商売を学びながら稼ぎたい方

一人さんのお話は以上なのですが、

そういった格好良く自分でお金を稼ぎたいと言う方は、

インターネットを使ったビジネスを学ぶことをおすすめします。

 

以前の僕も斎藤一人さんを始めとした成功者の方々から考え方を学び、

自分で稼げるスキルをつけて、実際に世に価値を与えて稼ぎたいと思っていました。

 

ですが、その方法がわからずにネットワークビジネスという、

全然儲からずに友達もどんどんいなくなるものに、手を染めたこともあります。

 

ネットビジネスは、

自分の強みを最大限にコンテンツ化して、情報を発信することができます。

 

その発信はパソコンをカタカタしているだけで、全国に届くんですよ。

で、自分に共感してくれた人が喜んでお客さんになってくれます。

 

 

銀行員、薬剤師、マーケッター、エンジニアなど、

様々な業種の方々が学んでくれている僕のメルマガでは、実践的な話をしています。

 

 

・記事や動画を使った人の心を動かすコンテンツ作り

 

・ブログとメルマガを使った自動収益の仕組み作り

 

・押し売りしなくても売れるセールス

 

・日常生活をコンテンツ化する視点

 

などを学べて、思っていたよりも大変好評です。

 

 

無料で登録ができますし、解除もできます。

なので、これを機に僕のメルマガでリスクゼロのスモールビジネスを学びませんか?

 

やまの無料プレゼント付きメルマガ

 

興味のある方は、ぜひ学んでみてください。

 

では以上です。ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です