甲子園に出る高校球児の一瞬にかける本気度について

どうもこんにちは。やまです。久々の更新となります。

最近では、ブログの方はそんなに更新していませんでしたが、

独自コンテンツを作ったり、人に会ったりとの日々を過ごしていました。

 

今年も暑い8月になりました。

毎年恒例の夏の高校野球の甲子園がちょうど盛り上がっています。

僕自身も小中学校と野球をやっていたのですが、

滅多にプロ野球とかは観ていませんでした。

 

たまたまテレビで観た甲子園で、全身全霊をかけてプレーする高校球児を見ていて、

感動することや、甲子園というたった一瞬の舞台のために

どれだけの精力をかけているかなど色々と学べることもありましたし、

ネットビジネスに活かせる要素もとても多いので、今回の記事を書くことにしました。

ちなみに記念すべき100周年のようです。

 

狭き門をくぐってきた甲子園球児たちの熱意はテレビ画面からも伝わる。

 

よくプロ野球は滅多に見ないけれど、

甲子園は面白いからよく観るという人の話を結構多く聞きます。

僕もその1人となった訳ですが、

プロ野球と大きく違うのはテレビの画面からでもひしひしと伝わる熱意です。

 

ベンチや観客席からの試合に出れない人も一緒に一丸となって闘っている姿だったり、

どんなに負けていても9回の終わりまで決して諦めない姿など、

ひたむきさが半端ないと思いました。

 

球児の彼らが高校3年間もしくは、

小学校からの野球人生をこの日のためにやってきたということです。

それもそのはずで、本当に限られた人しか甲子園など経験できません。

 

全国の高校で野球部という部活は日本でもトップレベルで多いです。

地区大会1つ勝ち抜くだけでもかなりのチームに勝たなければいけなかったり、

それだけ甲子園に出るだけでも相当狭き門ですが、

甲子園でも負けたら終わり、絶対に勝たねければいけない試合なのです。

 

だからこそ、一瞬一瞬の動きに情熱と本気度が感じられます。

冷静に考えてたった一瞬の夏のために高校生活を送っているので、

野球が全てと言ってもいいでしょう。

 

僕は特に甲子園をみるためにテレビをつけた訳ではなく、

たまたまテレビをつけたら甲子園だったのですが、

そんな彼らの姿にだいぶ見入ってしまいました。

 

松井秀喜選手の始球式と彼の出身の西陵高校の負けられない1回戦目

甲子園自体はまだ始まったばかりなのですが、

それでも1回戦目の藤蔭(大分県)VS 星稜(石川県)の戦いが物凄く印象に残りました。

 

今回の甲子園の始球式では松井秀喜選手が始球式で登板しました。

その始球式が行われる1回戦目をくじ引きで当てたのが、

松井選手の出身である石川県の星稜高校でした。

偶然の巡り合わせで出身校とも凄いですよね。

 

ちなみに松井選手が高校時代に甲子園に出た時は、

5打席連続の敬遠といってピッチャーが外したボールだけを5打席も

投げ続けるという異例の事態が起こりました。

それだけ半端なく長打を撃ちまくるので、

相手チームから恐れられていてということですね。

西陵高校のキャプテンは、

「松井選手の前で負ける姿なんて絶対に見せられない」と誓っていました。

 

で、始球式の時の松井選手は笑顔で投球をしていて、

そのあとに西陵のエースのピッチャーの奥川選手に

松井選手「僕がいるのは気にしないで

練習通りの実力を出すんだよ。頑張れ!」とエールを贈っていました。

 

ピッチャーは最速のストレートが147キロだったのに

この試合では自己最速の150キロを記録して絶好調でした。

打線もかなり好調で9得点とっていましたし、

後半、藤蔭が粘るも結果的に9対4で星稜高校が勝ちました。

 

高校生ながら甲子園という大舞台で

有言実行をしっかりとした星稜高校は本当に凄いなと思いました。

地元からの期待だったり大舞台での押し潰れそうになりそうなプレッシャーの中、

結果を残したからです。

 

松井選手はとても気遣いのできる方で、

相手のチームのことを考えているためか、

自分の出身のチームをべた褒めすることはありませんでしたが、

その後のインタビューの表情はとても嬉しそうな顔付きをしていました。

 

ネットビジネスで甲子園球児ほどのマインドや本気度を持っていれば間違えなく稼げる。

僕はインターネットビジネスをやっているので、

重ね合わせて考えながら甲子園を見ていましたが、

ネットビジネスの方が確実に恵まれていると感じました。

 

甲子園とは違ってどんな人にでも無期限にチャンスはありますし、

甲子園に出るほどセンスなども要りません。

ですが、無期限にチャンスがあるからこそ僕もそうですがつい甘えてしまいます。

 

また、

ネットビジネスで稼げなくても生活が成り立ってしまうことから、

一度頑張ろうと志しても人間は強い生き物ではないので、

つい持続できなくなってしまうものです。

 

でも、そういう人こそ是非甲子園とか観て欲しいなと思います。

モチベーションや情熱というものに対して自分が大きく刺激を受けます。

その結果、自分が「高校球児がこんなにも頑張っているのに自分は何をやっているんだー!!」

と急にやる気に満ち溢れたりします。

 

ちなみに定められた期限はなくても自分で設定するのはかなりおすすめです。

何月何日までに何記事書くとか、この商品を何個売るとか目標を立てて

そのために作業をすると期限があるので間に合わせようと効率化できるからです。

 

甲子園球児以外にも他のスポーツや基準値の高い人から定期的に外部刺激を入れるのは原動力となる。

 

定期的に外部から刺激を受けるというのはかなり良くて、

甲子園じゃなくても好きなスポーツの試合だったり、

情熱大陸のようなドキュメンタリーや僕なら音楽が好きなので、

基準値の高いアーティストやギタリストのライブだったり動画を観ます。

 

映画とかアニメとか本とかもかなりオススメです。

スポーツだろうがビジネスだろうが1つの目標に対して何かに取り組む

という観点では同じなのです。

 

やはり外部刺激がないと、人はどうしてもマンネリ化してしまいますし、

ネットビネスに関してはその学んだことをアウトプットがてらコンテンツにすると、

例えばこの記事も甲子園が好きな人が来てくれるかもしれませんし、

アニメとか映画のレビューはブログの閲覧数アップになりますし、

自分のライティング力も鍛えられますので本当にいいこと尽くしです。

 

ちなみに最後に野球の豆知識ですが、

僕はラグビーとか個人競技の剣道やスキーなど経験していますが、

野球の練習って他のスポーツよりも鬼のように練習時間がかかるんですよ。

 

もうやることが本当に多くて、時間がかかるからこそ、

よく野球部だけは午前午後練習とかあるあるです。

そんな練習にも耐え抜いてきて結果まで残している甲子園はやはり実物があります。

ということで今回は以上です。ありがとうございました。

 

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント