ココナラで似顔絵を外注化してコスパとクオリティーに感激した

どうも、こんにちは、やまです。

今回は、似顔絵を外注化したらクオリティー高くて感激したという

話をしていきます。

 

外注化とは人にお金を払って仕事を依頼することなのですが、ネットだと簡単に探せるし、僕はもう駆使しまくっていますね。

 

 

安いお金を払うだけで、自分には到底できない仕事をやってもらうことができる。

ということを今回は身にしみて実感しました。

 

 

最近僕のブログを見てくれている方々から

「プロフ画作ったんだー」とか「プロフ画いいっすねー」

というよく言われます。

 

 

そうそう、最近やっと作ったんですよー。

 

というか外注さんに、僕の顔写真を元に似顔絵を描いてもらいました。

師匠から「プロフ画像は外注化して描いてもらうといいよー」

と前からアドバイスをもらってたんですね。

 

 

でも、僕は記事の外注化には慣れていても、プロフ画の外注化にビビっていて、

実際やるのに時間がかかってしまいました。

ビビっていた時間は本当に無駄でしたね。

 

 

せっかくアドバイスくれているのに、

自分マジクソだなー、まだまだ遅いなーって本当反省しています。

 

 

ある日、そろそろやらないと本当にやばい、、

今日中に絶対やるぞーっ

て感じで急遽やってみました。

 

 

とりあえずやるかってノリで動き出すと、いつの間にか夢中になってやっていました。

 

ちなみに行動についての記事はこちらで書いています。

ヤクザみたいな高校教師が行動するためのたった1つの方法を教えてくれた

 

 

んで外注するにあたって、

今回は、ココナラというサイトを使って仕事を頼みました。

個人で簡単に仕事を依頼することができます。

 

 

最近、よく広告とか見るので、流行ってきてるのかなーって思います。

こんなサイトですね。

 

 

個人で簡単に仕事を頼んだり、得意なことを生かして仕事をもらったりすることができます。

SNSみたいなノリで簡単に無料で登録できます。

支払いとか面倒なものはサイト内でこなせちゃうから、とっても楽でした。

 

 

ここで、似顔絵を描いている人の中から実際の作品を見て、良さそうな人に仕事を頼みました。

ココナラも似顔絵の外注も初めてなので、正直ドキドキしました。

 

 

すぐに返信が来て、すぐに仕事をやってもらえることになりました。

 

似顔絵を描いてもらうには、僕の顔写真が必要になる、、

スマホの写真フォルダを見ても、自分の顔アップの写真は全くない、、、、

 

うわー、、、、自撮りするしかねえじゃん、、

 

心の中で叫んだ。

「いやだ、いやだ、自撮りなんていやだーーーー」

でもやらないと、描いてもらえない

 

まじか、、自撮りをやるしかない、、、

 

 

Iphoneの内側カメラを使って

泣く泣くやりました。、自撮りは抵抗半端なかったですww

自撮りとの勝負をなんとか済ませ、

 

外注さんに顔写真を送って、似顔絵を「明るく爽やかな親しみやすい感じでお願いします」と頼みました。

返信も早くて、外注さん「わかりました。満足いただけるように頑張ってみます。」

 

 

ちなみに金額はたったの1500円です。

 

似顔絵を頼んだその日のうちに

 

 

外注さん「下書きできましたー。こんな感じでどうですか?」

 

「おおー、すごくいい感じです。このまま進めてください」

 

 

次の日

 

外注さん「下書きにペン入れをしてみました。どうでしょうか?」

 

「仕事早いっすねー。おー、すごく満足です。いやー、こんな絵描けるって本当すごいなーって思いますね。」

 

外注さん「そう言ってくれて本当に嬉しいです。でも、もし何か満足いかないことがあれば、遠慮なく言ってください」

 

また次の日

 

外注さん「ムラ付けと色塗りも終わりました。やまさんにはこの色がいいんじゃないかなって思ったんですけど、チェックお願いします。」

 

 

「大満足です。表情もムラも外観のエメラルドグリーンみたいな色もすっごく気にいりました。」

 

 

ジャジャーン、こんな似顔絵ができました。

 

トップ画には前から貼っていますが、

改めて自分で記事に貼ると恥ずかしいですねww

あと、結構美化されていますww

 

色使いも表情も明るい感じにしてくれて、感謝しまくりです。

イメージを再現できる技術にも感動しました。

 

 

1500円で、ここまでやってもらってもいいのだろうか、、安すぎないだろうかって

申し訳なくもなりましたね。

 

 

だって、僕にはこんなクオリティーの高い絵は絶対に描けないですもん。

僕の美術とか絵とかマジでビックリする程、超下手です。

 

 

というのも、僕の絵は本当にひどくて、ポケモンの中学の時は美術の成績は2でしたし、

しかも最近、絵を描いていたら、知り合いの5歳の娘さんに

「何これー、めっちゃ変な絵じゃん!あはははは、面白いwwww」

 

 

って馬鹿にされ、大爆笑されまくりました。ww

え?、5歳児から見ても下手な絵ってどういうことなんだ、、

 

 

ここまでくると、絵のセンスのなさには自信が付いちゃいましたw

 

 

それでも、もし僕が真剣にこのような絵を描くとなると、

何年もの膨大な月日、時間と労力が必要になります。

本当に、果てしない。。。

 

 

しかも、描けるようになるかはわからない。いや、可能性はかなり低い。

もしも、自分で描くって想像してみたら見事に心が折れました、、

 

 

いやーー、

「似顔絵の外注化」

という選択肢を知ることができて、僕は本当にラッキーでした。

 

 

自分ではできない仕事もちょっとお金を出して他に頼んじゃえば、

こんなにしっかりしたものができるんだなーってもう感激しました。

 

 

インターネットがあるから簡単に絵が得意な人を見つけることもできるし、

その中で自分に合いそうな人を探して一緒に仕事をすることができます。

ネットがないとこんなの不可能なので、本当にすごい時代だなって思いました。

 

 

でも、外注化って僕も最初はすごく恐かったし、不安しかありませんでした。

記事の外注化を最初にした時は、具合悪くなりそうな程でした。

 

 

人って知らない世界は恐いんですよね。

でも、勇気を出して1歩踏み出してみると、そんな心配するほどでもなかったなーと思えるし、

やってみると本当に簡単です。

 

 

見てのとおり、僕は、外注さんに画像を送って、後はひたすら納品されてくる画像を見て

「すげーって感動して、褒めてただけですからね」

簡単に誰でもできます。

 

 

今回のように、自分じゃ絶対無理なことも人に任せてしまうってことも

これからやっていきたいなって思いました。

ということで、今回は以上です。

 

 

ではでは

 

 

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

1 個のコメント

  • こんにちは、井上です。
    僕ってかなり妄想癖がありまして、
    お金は稼げてないのに先生になったつもりになって
    「わかんねぇの?…しゃあねぇなぁ…www」
    と他人に教える妄想が勉強している時、外で歩いている時
    突然始まります。

    で、その妄想の中で、
    友人がお金に困っている時、未来の?自分が相談し、
    お金も時間もない状態なので、
    「とりあえず、俺が仕組みを1個作ってやるから、お金と時間が出来るようにするから、その後報酬ちょうだい。あと今後活動に協力してね」
    みたいなシーンを妄想してまして、

    今回の「似顔絵」の外注化の記事を見て、
    反対に、自分も「似顔絵」の仕事でお小遣い稼いでみようかな…
    と思うのと、
    「なんでも外注化できるんだな…」
    と思った時、
    さっきの妄想から
    「誰か稼げる仕組みを作ってくれねーかなー」
    なんて怠けた考えに行き着きました。
    あぁぁ…、あったら良いんだけど…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です