僕は違うサイトで記事の外注化をしてみて感激した

こんにちは!やまです。

今日は、ブログ記事の外注化に関して話していきます。

ネットビジネスをやりたいけれど、

あまりにも忙しくて時間が無いとか、

記事を書く労力が大変すぎるという人は「外注化」をすることをおすすめします。

 

僕は、会社で働きながらネットビジネスを始めて、

3ヶ月目くらいで外注を雇い始めましたが、

僕が会社で働いている時に記事をしっかり外注さんが書いてくれて、

非常に助かりましたし、自分の時間もすごく増えました。

 

今回は記事の外注化の話をしますが、

僕はこれまで他にも

・動画作成

・似顔絵

・サイトの感想をもらう

ということを外注を雇ってお金を払って頼んできました。

ちなみにこのブログでは、全ての記事を僕が書いています。

 

友達や知り合いにブログを書いてアフィリエイトしています!と言うと、

よく聞かれる質問について答えていきます。

アフィリエイターは、記事作成が大変すぎるし時間がないからできない

これについてお答えしましょう。

全部自分で記事を書くとしたらすごく大変だと思います。

 

僕は極力、楽をしています。

サボって書いたり記事の手を抜いたりしているわけではなく

僕は運営しているサイトの記事の機能的な記事はは外注しています。

 

例えば、ギターについてのブログでは、

・ギターの選び方

・弦の交換の仕方

・練習の仕方

 

など書かなければいけないわけですが、

これって誰でも書けます。

誰が書いても特に弦の張り方とか同じものができてしまいます。

ギターの未経験者ですら、調べれば書くことが可能です。

 

1から全部自分で書いてしまうと、挫折する人が多いです。

少なくとも、僕なら挫折します。全部書くって超大変です。

会社で働いていると、

1日の時間は10時間ほどが会社で、8時間が睡眠で、

その残りの時間から食事や睡眠などを抜いた時間だけがビジネスの作業に使えます。

 

とはいっても、疲れていたりするので、

どうしても作業できない日というのが出てくるわけですよ。

そんな時の最強の対策が「記事の外注化」になります。

外注ってどこでどう雇えばいいの?

僕も最初外注を知った時このような疑問が浮かびました。

「外注ってどこでどうすれば雇うのか?」

ですが、色々と学んでいるとしっかりやり方があって即解決しました。

 

クラウドワークスやランサーズという

仕事を頼みたい人と仕事を受けたい人のマッチングサイトで求人を出すのです。

 

そして、応募をくれた方から選考をして人を雇います。

雇うと言っても、あくまで外注化なので、

社員として大きなお金を投資して雇うわけではありません

 

でも、僕が外注を開始するまで、結構時間がかかってしまいました。

「外注って難しそう。恐い。」

というメンタルブロック(心のブレーキ)が発生しました。

 

僕はそれで、やらない理由をたくさん探して

外注に踏み出せずに過ごしていました。

 

そんな時に東京に行く機会があり、

とても尊敬している同世代女性アフィリエイターに会って頂けることになりました。

 

東京で女性アフィリエイターにさっさと雇え!と怒られた

僕が尊敬している23歳専業アフィリエイターの方とお茶する機会がありました。

わざわざ旅行前に時間を作って頂いて、すごく有り難かったです。

東京の某所で朝10時に待ち合わせをしてカフェに行きました。

 

この方にお会いできたのは、初めてで僕は緊張もしました

今やっていること、これからやっていきたいことなど

話すと

 

とても親身になって僕の話を聞いてくれました。

ただ、「やまさん、さっさと雇いましょう!今日中に雇いましょう!!」

「そのくらいのスピードじゃないとやっていけませんよ!!」

 

僕は苦笑いして何も言い返せなかったのを覚えています。

衝撃を受けました、、

「結果を出している人のスピードってこんなに早いんだ!!」

 

彼女は僕のために厳しいことを言ってくれました。

僕はそれにどうしても応えてくて、

すぐに求人を出しました。

クラウドワークスで初めてのドキドキ求人募集

「さぁ求人募集だ!!」

クラウドワークスで、求人募集文と金額を決めて、

いざ、募集!

「えい!!やってしまおう!!」

募集完了ボタンを

 

「ポチっとな!」

ここはちょっとカッコつけてみましたww

 

やっと一歩踏み出せた!!

応募が来ると、テスト記事を書いてもらって採用か不採用か判断!

1発目は、あまりにも適当な記事だったので不採用にしました。

 

経験なんて関係なく、募集をした時点で経営者となるので、

しっかり見極めなきゃなりません。

最初から適当な人を雇ってしまうと、外注の意味が全くなくなってしまいます。

 

2人目で、僕は相当年上の方を採用して、記事を20記事ほど書いてもらいました。

ブログ記事の外注化はいくらで雇えたのか?

ちなみに金額は、1記事250円で雇うことができました。

安すぎてびっくりですよね。

外注さんはお金だけを求めているわけではなく、

ライティングの技術を学びたい人や、

自分の仕事だけではつまらなくて他のことに挑戦してみたい人などがいます。

 

だから、1記事250円という価格でも喜んで仕事をしてくれます。

もちろん、文章を教えるとなったら僕も本気でした。

1記事1記事、添削はしっかりしますし、

褒めるところは全力で褒めますし、

改善してほしいところは、言葉を気をつけて改善をしてもらっていました。

 

「ここまで丁寧にやってくれて本当にありがとうございます!」

と言ってもらうことができるので、僕も非常に嬉しいですね

また、人に教えるとなるとライティングを全力で学びますし、

言語化をしっかりして教える練習にもなります。

外注を雇ったらコミュニケーション力と管理力を鍛えることができる

この言語化というスキルは、

・相手にわかりやすく伝える

・相手に前向きに仕事をしてもらう

というコミュニケーション能力と管理能力を鍛えることができます。

 

自分ができるのと、

人に教えて何かを再現させるというのは全然違います。

ですが、このスキルは日常生活や学校や会社においても非常に使えるスキルです。

 

自分の仕事を喜んで手伝ってくれる人が増えれば、

必然的に応援をもらうことができますし、

自分ができないことも誰かが喜んでやってくれる可能性もあります。

 

このコミュ力と管理力さえあれば、

社会生活では信頼されますし。困らないでしょう。

一番ダメなのは、権力を振りかざしてこき使うことですね。

そうはならないようにしましょう。

外注は時間も増えるし自分の分身を持てるようなもの

待って、ちょっと待てーーーー!!

「外注ってめっちゃ楽やん!!」

 

僕は1記事250円で雇いました。

たった250円で記事を書いてもらえるなんて、

1記事しっかり書くとなると1時間くらいはかかってしまいます。

 

それを書いてもらえるとなると、他の作業をすることができるのですごく合理的なのです。

めっちゃ楽ですよ!!一生懸命しっかり書いてくれます。

僕は外注の味をしめてしまい、

 

サイトを作る時は必ず記事外注をするようにしています。

 

みなさんもサイトを作るなら

膨大な作業を少しでも減らしたいなら、

絶対に外注をしてみるべきです。

豪華特典付き「脱獄DATSUGOKU」外注化商材レビューと僕が購入してどう変わったか

 

少しというかめっちゃ減りますけどね!

ではでは、今日はそんなお話でした

 

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です