最悪と言われるテスト勉強1夜漬けは、効率の最大限を発揮していた!?

どうもこんにちは、やまです。

 

今回は、最悪と言われるテスト勉強1夜漬けは、効率の最大限を発揮していた!?

 

という話をしていきます。

 

 

1夜漬けって無駄か一切なく最大限の効率化を無意識で計っているので、

 

ビジネスを実践していくにあたって、学べることや活かせることが半端なくあります。

 

 

僕の学生時代は不真面目だったので、毎度のこと1夜漬けをやっていたのですが、

 

あの短期集中の効率をネットビジネスに置き換えて実践してみると、最強モードを発揮できました。

 

 

 

まず1夜漬けっていうのは、よく学校の定期テストで使う人は使います。

 

3か月間とかの授業でコツコツ学んできた膨大の量を、

 

たった1夜、2夜で復習をして、次の日のテストを乗り越える。

 

 

どう考えても無理じゃね?って感じでも意外と結構な効果が出るんですよね。

 

 

最初に1夜漬けの存在を知ったのは、確か小中学生の時に行っていた(親の強要で行かされていたw)

 

実家の隣にある塾の先生が「俺は昔1夜漬けをこうこうやっていた。でも真似するなよ!」

 

と言ってこまめに教えてくれた。

 

 

 

高校生になって全く勉強をしなくなってから、テスト期間には塾で習った禁断の1夜漬けを見事に真似しましたね。

 

真似するなって言われるようなことは、しっかりと聞いているものですよねww

 

高校時代と大学時代のテストでは毎回使いました。

 

 

 

ちなみに知らない人のために、1夜漬けの具体的ルーティーンを解説すると、

 

 

テスト前の日の放課後に部屋でぐっすりと寝る。→19時の晩飯くらいに起きる→その後、寝ないで朝までひたすら勉強をして

 

次の日のテストに挑む。→また次の日のテストのために放課後に寝る。

 

よくテスト終わった後、体調崩してたなーって思い出しましたww

 

 

確かに体調には最悪なのですが、効率の良さは半端ないです。

 

というのは、3か月分とかの量を1夜で片付けるってどう考えても時間が足りないんですよね。

 

 

 

そうと分かれば、

 

・100点取ることを諦めて少しでも高い点を取ることにコミットする

 

・少しでも無駄だって思うようなことは全て捨てて必要なことだけを勉強する

 

・その選ばれそ必要なことだけを何度も何度も繰り返す

 

 

これによって僕は毎度毎度、嫌だったテストをなんとかしのいできました。

 

1夜漬けしなければ30点以下のような教科でも平均70点くらいまではいくような感じですかね。

 

 

 

もちろん1夜だけなので、1週間も経つ頃には全て忘れていたのですが、

 

今思うと普段じゃ発揮できないような効率を自然と発揮できていました。

 

 

この1夜漬けをネットビジネスにずらして活かそうよ!

 

でも、どうやってやるのかって言ったら、

 

 

僕は今やっている「1か月以内に記事を50書きます。出来なければ寿司を奢ります」というのが

 

ネットビジネスで言う1夜漬けに当てはまります。

 

1夜ではないけれど要は同じことなのです。

 

 

今までは半年かけて50記事書いてきたものを、1か月でやる。

 

でも、罰則がないと行動できないから、寿司をおごるっていう罰則も決める。

 

半年でやってきたことを1か月でこなすとなると、今までの6倍のスピードと効率化が必要になるっていうことです。

 

 

僕はもう神経を研ぎ澄まして、これってネタにできないかなって常に考えることになるから思考力がついたり、

 

いつもは2時間とかかけてゆっくり書いてきた記事も1時間以内で終わらせるぞってなるから、

 

高い効率を発揮することができています。

 

 

 

まぁ、正直1か月って休む時間もあるので、本当は1日で動画20本撮ってみるとかやってみると、

 

本来自分の持っているスピード感に自分自身が驚きます。

 

そして、マインドブロックは外れ、限界突破ができて良い事尽くしです。

 

 

僕はどちらかというと最初の方にマイペースにもたもたビジネスをやってきたからこそ、

 

最初は思うように結果もついて来なかったし、いまいち成長も感じる事が出来ませんでした。

 

人って時間があると逆にロクな事しなくなるんですね。

 

 

 

あとは、意外と短期集中でビジネスに打ち込んでいる時が、

 

1番楽しいし、辛くもない。成長も早いからメリットありまくり。

 

逆にダラダラして、全てが遅い時がメンタルやられます。

 

 

 

という事で皆さんもぜひ、1夜漬けの要領をビジネスにずらして取り組んでみてください。

 

今回は以上です。ありがとうございました。

 

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

1 個のコメント

  • 僕も高校時代に定期テストで一夜漬けをやってました。
    やまさんのような放課後に寝て夜中やるワークではなく、
    前日になって最低限暗記するやり方で、夜は普通に寝てました。
    あの時は、紙に書き出さずに、ただただプリントを見て、
    目をつぶって暗唱してました。
    そういった点からも、一夜漬けって効率的な勉強法を生み出していたんだなと思いました。

    ちなみに、大学に入ってからは、やまさんのようなやり方になりました。
    一夜漬けのときはなぜか夜中に10回くらい目が冷めます。
    (それだけ寝てしまうのですがw)
    普段こうなってくれれば良いのですが、
    多分緊張感が溢れているからだと思います。
    で、緊張感を出す為に、
    タイムリミット(時間制限)を設けてみると良いって事ですよね。
    定期テストもタイムリミットみたいなものですし…
    時間があるから怠けてしまう。
    だから時間制限をつける。
    ダイソーで売ってる電子タイマーとか
    iPhoneのタイマーで計ってみるのもいいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です