映画セッションレビュー。狂った師弟関係から成功の秘訣が分かる。

どうもこんにちは。やまです。

今回は「セッション」という

ジャズ音楽の洋画のレビューをしていきます。

 

今日、スパで作業しながら見たのですが、

もう最初から最後まで臨場感に溢れる名作

だなと夢中になれた映画でした。

 

過激過ぎる師弟の関係が

もう狂いに狂っていてストーリーも面白いですし、

高い基準値から成功の秘訣も学べました。

 

特に多くの音楽経験者のレビューは

「現実離れしていて、おかしい。ジャズじゃないから参考にならない」

言っていますが、僕は得られるものは大きかったです。

ということで早速詳しく話していこうと思います。

 

映画セッションのあらすじ

この映画で重要人物は、主人公と鬼教官。

たったこの2人だけです。

 

全てがこの2人中心で成り立っていて、

他はこの2人を際立たせるためにいる

村人Aのようなものでした。

 

主人公は、アンドリュー・ニーマンという音大に通うドラマーで

将来は偉大なる音楽家になることを夢見ていました。

 

父親からは諦める道も考えろと促されていても、

迷わずに自分の道に進んでいました。

で、後に指揮者であり教官となるテレンス・フレッチャーに出会います。

 

フレッシャー率いるのジャズ音楽団に

主人公ニーマンは引き抜かれることになりました。

で、この教官が頭おかしいのかというくらいストイックで、

 

もう有りえない程、超絶に厳しくて、

ほんの少しでもリズムがずれると、

 

怒鳴り散らしての罵倒、暴言、ビンタ、

ドラムをぶつけるなど

「てめーはもう出て行けー。交代だ。ファック!」

と人を奴隷のように最も簡単に練習室から締め出す。

 

今の日本では速攻で問題になるようなパワハラ

というか鬼のような暴力ですね。

超絶に恐くて見ていても震えます。

 

でも、

ドラマーの主人公はその厳しさに一瞬落ち込むも

また見返してやるとドラムを練習しまくって

楽団の練習室に向かうのです。

 

ただ、だんだんと主人公は人間としての

俗世を捨てていきます。

もう手が血まみれになるくらい練習して、

 

それだけならまだしも、

付き合ったばかりの彼女に向かって

お前は音楽を目指すのに邪魔だと言ってあっけなく捨てます。

 

気弱だったニーマンにも

鬼教官の人格が乗り移ってくるようでした。

ドラマーは他の楽器と違って1人のポジションなので、

 

激しいレギュラー争いが常日頃行われ、

ほんのちょっとでもリズムが狂うと

即交代というプレッシャー。

 

で、何度も変えられるのですが、

だんだんと変えられるたびに、

教官にブチ切れたり、怒鳴り散らしたりと

ニーマンもだんだんと過激になっていきます。

 

衝撃レベルでビビったのは、

主人公ニーマンが演奏会に行くのに

ドラムスティックを忘れて車で取りに行く際に、

 

事故って車が反転して血まみれになるのですが、

警察も呼ばずに、車は丸放置で演奏会に向かう。

で、他の人が演奏準備していても強引に席を取る。

 

もう、どんどん狂っていきます。

音楽家になるためには全てを捨ててでも

突き進んでやるぜ!みたいな感じです。

 

そして、後半からはまさかの急展開が待っていて、

最後の約10分がこの映画の見所なのですが、

今回はネタバレを避けるために控えるので

 

鬼になる方はアマゾンプライムでみてください。

 

危険な言葉はグッジョブ

 

本編中盤、

鬼教官フレッチャーが彼の本心を言うシーンがあります。

「危険なのは、上出来(グッジョブ)という言葉だ」

褒めてはいけないということ。

 

これは画家やクリエイターでもよく言われることですが、

指導する生徒を1度安心させてしまえば、

それ以上のものを作れなくなるということです。

 

特にセッションのようなジャズのビッグバンドは

人数が多いだけに全員で完璧に揃わせるには、

1人1人のミスを無くするのが優先事項。

 

にしても狂ってはいますが、

それだけ死ぬほどの本気感が

ビシビシ伝わってきます。

 

これ、何度でも見たくなるわーという風に

久々に思える映画だったかなと思います。

怠け者の自分を奮い立たせるのはもってこいのおすすめ作品です。

高い基準値とストイックさが成功を生む

音楽と僕のやっているビジネスはジャンルが違えど、

共通する部分はとても多い。

それは基準値の設定というシンプルなもの。

 

どれだけ自分の行動の基準を高く設定するかが、

見込みのある結果を生み出しやすくなる。

特にネットビジネスにおいては、

 

アホのような広告も多くて、

1日たったの1クリックで100万とか

スマホでたった5分で30万とか

 

簡易性ゴリ押しの楽して稼げる

詐欺広告が後を絶たないために、

追い込んで作業する人が超少ない。

 

逆に言うと、短期的に自分をとことん追い込めれば、

短いスパンで結果を出すことができるようになる。

で、そのモチベーションが欲しい時には、

 

選択肢の1つとしてこのセッションを見るというのは

超有効だし、僕も何度も見ようと思います。

ということで以上です。ではでは

 

 

 

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です