自分にネットビジネスの才能がないなんて、絶対に考えないようにしてきた

はい、どうもこんにちは、やまです。

 

今回は、自分にネットビジネスの才能がないなんて、絶対に考えないようにしてきた

 

っていう話をしていきます。最初に言いますが、ビジネス程才能が入らなくて、再現性のあるものってない

 

 

 

という位、ビジネスは才能がいらないし、誰でもできます。

 

でも、ビジネスなんて学校の授業で習うことはまずないし、あっても大学の授業でやる役に立たない小難しい

 

経済論とかマーケティングです。それもほぼ使えないものなので、ビジネスってほとんどの人が学んだことがないジャンルです。

 

 

 

でも、一般的にビジネスで成功する人っていうのは才能があって新しいアイデアがポンポン浮かぶ人と

 

定義づけられているので、なかなか自分でできる気がしないんですよね。イメージが全く湧かない。

 

僕自身も最初全く稼げなかった時に、自分なんて本当に続けていて結果が出るのだろうかって考え込んだことがありました。

 

 

どんなに自分なりにリサーチをして、記事を書いても書いても、

 

ブログの訪問者はそんなに増えないし、物も全然売れない。

 

こんなに頑張っているのにどうしてなんだろう。

 

 

 

自分と違って師匠のブログからは物がめちゃめちゃ売れているわけですよ。

 

同じ人間なのにどうしてこんなに差が出るのか。

 

自分は果たしてビジネスで稼げるようになるのか?、、、

 

 

 

でも、僕は才能がないなんて考えないようにしてきたし、間違っても口には出したことがありません。

 

それは僕の師匠を始めとした、ネットビジネスでかなり結果を出している人たちが口を揃えて、

 

「ビジネスに才能なんていらない。しっかり学んで実践をすれば誰でも稼げるようになる。自分にも才能なんてない」

 

 

 

と言っていたので、僕はそれを信じてきたからです。

 

仮に自分には才能がないって思ったとしても、それは自分にとっていいことは1つもありません。

 

稼げるポテンシャルがあっても、自分の言葉1つで可能性を潰すことになります。

 

 

 

それに才能がないって言葉に甘えることを覚えて、頑張らなくなる。

 

だからある意味才能がないって思うことは楽なんですよ。

 

頑張らないから行動しないし、行動して失敗もしないから全く辛くもなくなるんですよ。

 

 

 

でもそれって全く成長しないし、永遠に結果が出る未来はやってこない。

 

才能がないって言葉に出すことによって、

 

才能がない自分を振る舞おうと脳が動き出します。

 

 

 

これって自分の可能性を全力で潰すことになるから、僕はどんなに辛くても苦しくても

 

「自分には才能がないんだ」なんてことは考えないようにしてきました。

 

全くうまくいかなかった時期のことを思い出すと、

 

 

 

・単に知識不足だったから何をすべきかわからなかった。

 

・記事があまりにも自分中心に書いていて、読者さんのことを考えていなかった。

 

・とにかく売ることばかり考えていて、他の大事な部分をおろそかにしていた

 

 

 

などなど明確な理由があるんですよ。

 

あの時は気づきたくても、どうしても気付けなかったなって今では思います。

 

でも諦めずに学び続けて行動をしていたら、思わぬ結果が出て成長できるんですよね。

 

 

僕の場合なら、

 

・メルマガにとても熱い返信をくれる人が出てきた

・知り合いに軽くネットビジネスの知識を教えてあげたらすごく喜ばれた

・高い商材が売れるようになった

・自分で戦略を練ってこれはいけるだろうって仮定したら見事はまって収益が思ったよりも多く出た

・やまさんのブログ更新を楽しみに待っていますと言ってもらえた

 

 

とか色々ありますが、僕個人的には稼いだ額も嬉しいけれど、

 

それ以上に読者さんからの感謝の言葉とかの方が飛び上がるほど嬉しいですね。

 

 

 

たまに相談者の方が「でも、最後はビジネスって才能が必要ですよね?」

 

って聞いてきますが、「いや、本当に全くいらないですよ」と言って説明したら、

 

あー、なるほどですね。って納得してもらえます。

 

 

 

ネットビジネスをやっていて思うのは、

 

こんなにも学んで実践さえすれば、自分が成長できて結果もついてくるものなんてないですよ。

 

会社で働いた場合とか、どんなに頑張っても評価されないこととか当然のようにありますからね。

 

 

 

才能がないって思う前に、1年でも2年でも本気で学んでネットビジネスをやってもらえれば、

 

いかに才能なんていらないってことがわかると思います。

 

ということで、今回は以上です。ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

1 個のコメント

  • 井上です。
    「自分には才能がないんだ」
    と思う気持ち、僕はわかります。
    一時期そう思って諦めてプレッシャーから逃れようとしていました。
    で、今思うのが
    「才能(がない)」という言葉を使うことって
    「諦める」行為だと思っていて、
    すごい人を見た時「この人は才能があるんだな〜」と思ったら
    それ以上、自分は成長できなくて、
    悪い意味で「才能」の存在を認めてしまえば負けだと思っています。

    確かに一時期は「才能がないんだ」なんて自分を否定しているときもありましたが、
    僕は無駄にプライド(競争心)が高いので
    「負けたくない」と裏で思っています。
    勝手に闘志を燃やしています…w
    それに、聞いた話ですが、
    自己否定をしている時って、
    身体の中で毒が生成されるらしいです。
    それで身体に腫瘍ができてしまうなんてあるらしいです。
    なので、自己否定とか諦めって良くないよね
    って事ですね。
    僕自身も、僕の弟も、
    「ま、才能があるからねー(ドヤッ」なんてたまに言ってます。
    才能って言葉を使うなら、
    良い意味で自信過剰になって、
    成長するために使えばいいと思うんですよね…w
    それで他人のアドバイスを聞けなくなるのは…ちょっとよろしくないですが…汗
    (一時期そうでした…すんません…)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です