車速60キロ超えで警察に捕まったのに、20で済まされた先輩の話

どうも、こんにちは、やまです。

 

今回は、車速60キロ超えで警察に捕まったのに、20キロ超えで済まされた先輩の話

 

をしていきます。これは、僕が助手席に乗っててマジで信じられなかったですww

 

 

道徳とか倫理的なものは置いておいて、、どんな状況でも価値提供ができたものが

 

1番得をするんだぜってビビりながらも僕は思い知った、

 

 

 

僕は結構、会う人会う人に「やまって面白いよね」って言われるのが正直多いです。

 

 

でも、趣味とか特技と違って、初対面から

 

「こんにちは、やまです。あのー、僕って面白いんすよ!」

 

って言うのは、なんかカオスじゃないすか?w 言えませんw

 

 

 

でも、僕よりも面白くてパンチの効いてる人って僕の知り合いの中だけでも

 

めちゃめちゃいます。その中で今回は、大学時代の先輩の話をしていきます。

 

 

 

大学時代に、親友並みに仲良いっていうか、仲良くして頂いた先輩がいた。

 

アルファベッド使いすぎたので、今回は「先輩」ってことで進めていきますw

 

 

 

その先輩はマジで何もかもが異次元で僕の中の常識をぶち壊してくれた人。

 

どんな先輩かというと、

 

 

自分の母親を使って女の子を口説く練習をする

 

・エ●い動画のダウンロードのためにIT知識や英語力を培った

 

・車の運転がプロ並みに上手くて、警察が追いかけてきてもコーナー2つでぶっちぎる!

 

・街でナンパをして、連れ出しモードになったところで、じゃあね!って言いその場を去る

 

 

これだけでも、だいぶぶっ飛んでると思いませんか?ww

 

あとは、服には興味ないから母親に服のセンスを全て任せているっていう

 

しかも母親が選ぶセンスがすごく良くて、それも笑いましたねww

 

 

 

僕の大学時代は、この先輩にスポーツカーで色んなところに連れてってもらったり、

 

一緒にスポーツをしたり、ご飯に行ったりで本当にお世話になった。

 

変なヤンキーみたいな車がいて目立っていたら、

 

 

先輩「あいつふざけんじゃなー目立ちやがって。みんなもっと俺を見ろ!」

 

とか叫んでましたねww

 

 

 

先輩のお金の使い方は9割がたガソリン代に使うという。月10万とかww

 

相当な車好きの人でした。

 

その大事件は、いつものようにドライブに連れてってもらっている時でした。

 

 

 

北海道のとある温泉街の山道を走っている時に、僕はあれ?先輩さすがに速度速くね?

 

って思いました。もちろん高速道路ではなく60キロ制限の一般道路にて。

 

 

僕「先輩、今何キロで走ってるんですか?」

 

先輩「んー、120だな。」

 

僕「いやいや、普通の顔して答えないでくださいよww」

 

先輩「俺は俺の走りたい速度で走るって決めてるんだもん」

 

僕「先輩の基準は初耳ですが、警察に捕まったらやばいっすよ!一発免許取消の速度ですよ?」

 

先輩「大丈夫、今、ハルヒのGOD KNOWS聴いてるから、不運なことには合わない。」

 

僕「あ、そうですか。了解っすw」

 

 

 

もちろん、全く了解なんかできなかったけど、何を言っても無駄でした。

 

でも、運転がすごく上手で安定感もあるので、命の心配はしていませんでした。

 

注意するべきなんだけど、もう慣れてしまったんですよね。いつもこうなのでw

 

 

 

そして、そのまま走っていると、「そこの車止まりなさい」って

 

不思議とメガホンマイクから声が聞こえる。嫌な予感、、

 

 

 

先輩がミラーを見て、

 

先輩「やばっ!警察の白バイが後ろにくっついてるよ。これはもう終わったな」

 

近くで車を停め、白バイも止まり、先輩はテクテクと警察の方へ歩いて行った。

 

 

僕はGOD KNOWS効果とか全くないやないか!って一瞬思ったけれど、

 

それよりも、さすがに気の毒だなって思いました。

 

車速は30キロオーバーで免許停止です。

 

 

これだと一定の期間運転はできませんが、有料の自動車講習を受けると、

 

自分の免許を守ることはできるんですよ。

 

 

でも、今回の先輩のように、60キロオーバーとなれば、1発免許取消しです。

 

 

自動車学校に通うための30万というお金と数ヶ月間の努力が水の泡となり、

 

しかも一定期間免許を取れなくなる。更新してゴールドとかなら尚更気の毒ですよね。

 

 

車が大好きな先輩にとって免許は本当に大事なものだったでしょう。

 

きっと落ち込んで車に戻ってくるんだろうなって、

 

僕のテンションも少し落ちながら待っていると

 

 

 

何やら先輩の笑い声が聞こえる。車の窓から外を見てみると、

 

サングラスをかけてガタイの良い警察と、これまたガタイのいい先輩が

 

すごい雰囲気のいい感じでお互い笑いながら楽しく会話をしているようだ。

 

 

僕は「免許取消で警察とお互い爆笑って遂に大事なネジが外れたのか?頭おかしくなったのか??」

 

ってもっと心配になりました。

 

そのあと、先輩は車までテクテク戻ってきました。

 

 

先輩が車に乗ってから、一言目に、

 

先輩「やまー、やったぜい!俺特別に60から20キロ違反に下げてもらったわ!フェーイ」

 

僕「は??そんなのありなの?ww ってか何があったんすか?」

 

 

すると、先輩はとてもわかりやすく説明し始めた。

 

60キロオーバーで捕まったとわかった瞬間に先輩は

 

「これは警察にひたすら喋りまくって笑わせておまけしてもらうしかない!」

 

って思ったらしい。それどんな発想だよ!って突っ込みのオンパレードですよねw

 

 

 

まず、先輩「この白バイの速度感知ってどうなってるんすか?いやー、白バイかっけ〜っすね」

 

と警察に話しかけたら

 

警察「おおー、君白バイに興味あるのかー。俺も好きだから詳しく教えてやるよ!」

 

って会話が始まったらしい。

 

 

それで、次に先輩は

 

先輩「警察って剣道か柔道やってる人多いんですよね?僕剣道やってたんです。」

 

警察「マジで?俺も剣道やってたんだよー、地味で防具が臭いけど、面白いよね!」

 

とすげー盛り上がってたということだった。

 

ってか先輩、、このような修羅場でよくそんな口回るなって僕は衝撃でしたねww

 

 

気になる罰則の内容ですが、

 

最終的に警察の方から一方的に言ってきたそうです。

 

警察「今回は20キロオーバーにしてやるよ。だから、気をつけて運転してくれな!」

 

 

先輩「マジっすか?あざーす。気をつけます。お仕事頑張ってください。」

 

 

 

先輩「、、、、、ってことなんだよ。やっぱ俺ってすげーのかな?」

 

僕「いや、それとんでもなくすごいっすねwww ってかいいんすか?それwww」

 

先輩「俺はただひたすら喋っただけで、判断はあっちからだから良くね?

 

金渡して賄賂したわけでもないし。」

 

僕「確かにそうっすね。警察クビっすねww」

 

 

 

さすがにその後は先輩60キロで走っていました。

 

これを踏まえて、まぁ道徳的にというか警察は悪いですよねw

 

しっかり捕まえるのが仕事ですから。道徳的にはどうかって思います。

 

 

 

でも、状況問わずに相手を楽しませたり喜ばせたりするのって

 

このように完全チートの状況を作れるんだなっていう風に思いました。

 

普通なら、警察に捕まると、ふて腐れて何も話さないか、

 

 

 

何で俺だけ捕まえるんだよ!って逆ギレした暴力的になる人までいます。

 

でも、そんな中で先輩はひたすら喋りまくって笑わせた。

 

 

 

警察にとっては白バイ褒められて嬉しかったし、こんな明るい人がいて、

 

何とかしてあげたいって思ったのでしょう。

 

だからこそチートの結果をもらうことができたんだなと。

 

 

まぁ、それでも納得できないですよねww

 

でも、極限の状況だろうが、修羅場だろうが、相手に価値を提供できれば、

 

もう最強モード炸裂な社会なんだろうなって僕は学びました。

 

 

 

まぁ、僕は安全運転しますけどね。w

 

では、今回は以上です。ありがとうございました。

 

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です