なぜ XJAPAN最強のバンドなのか?YOSHIKIの独創的な世界観と楽曲は最強のビジネスモデル!

こんにちは。やまです。

XJAPANという、永久不滅の人気を誇るバンドがあります。

 

何年たっても色褪せない曲の深さや、

アーティスト界で、前代未聞の無謀のチャレンジを次々と超えてきたこと。

 

YOSHIKIが最愛の父親やメンバーの自殺に直面して、

他の何にも変えられない悲しみと、そこからの復活など、

存在自体が深すぎるのです!

 

XJAPANの魅力の虜になって、

中学から曲を聴いたり、ギターで弾いたり、バンドでカバーしたり、

リーダーYoshikiさんの自伝も熟読しています。

 

X JAPANのコンテンツに触れまくりましたが、

噛めば噛むほど味が出るスルメのように、

何度聴いても、新たな発見や気づきがあるのです。

 

去年はライブに行こうとしましたが、台風で流れてしまいました。

このX JAPANは、コンテンツビジネスの真髄とも言えるくらい、

コンテンツの深みと、マーケティング力の高さが詰まっているバンドです。

 

リーダーであり、作詞、作曲、ドラム、ピアノを担当する

YOSHIKIさんは、もう語りきれないくらいの魅力があります。

 

ライブチケットの料金を10万円にしても、

席が余裕で満杯になるくらいの圧倒的に濃いファンに囲まれています。

では、詳しく話していきます!

XJAPANの「TEARS」の物語は、YOSHIKIが最愛の父を失った気持ち

 

まず、人気曲のTEARSという曲があります。

引用元:nhttps://www.youtube.com/watch?v=A5FrhMIQj2g

 

最初の歌詞が「どこに行けばいい!あなたと別れて」

もう、この時点で半端ないです!

 

この歌は、YOSHIKIを最も可愛がってくれた父親に向けて書いた曲です。

YOSHIKIの父は、呉服屋さんで、経営面では成功されていました。

スポーツカーに乗り、クラシックを愛し、とても派手に遊ぶ人でした。

 

大事なものをYOSHIKIが壊しても、笑顔で許してくれる。

YOSHIKIの憧れの存在でした。

音楽の素晴らしさをYOSHIKIに教えたのも父親でした。

 

ピアノをやりたい!と話すと、

すぐにグランドピアノを注文してくれたことが、

YOSHIKIの始まりでした。

 

クラシックの楽曲を親友に語るように、

楽しそうに語って、怒ることは決してない。

いつも、楽しそうに一緒にクラシックのCDを選びに行くのが、

YOSHIKIの楽しみでした。

 

しかし、突然、父親が自殺をしたのです。

当時小学生だったYOSHIKIは、

家族や親戚から病気で死んだと伝えられました。

しかし、すぐに自殺だと気づいたのです。

 

家族全員が父親を失った悲しみが深すぎて、

誰も父親については、会話にも出さなかったのです。

そんな、YOSHIKIが唯一、父親を曲にしたのがTEARSです。

 

サビが「流れる涙を時の流れに任せて!」です。

どんなに涙が溢れても、悲しんでも、時間しか解決してくれない!

そういう意味でしょう。

 

たった1曲のインパクトがこれ程までに深いのです。

楽器が上手いとか、そういう次元ではないのです。

XJAPANのクラシックとハードロックが融合されたジャンルの起源

XJAPANの楽曲は、どこか独創的な世界観がありませんか?

歌詞だけではなく、曲の構成がものすごく深いのです。

しきりの高いクラシックと、世の中に反骨心をぶつけるハードロックの融合です。

 

なぜか?と言いますと、

YOSHIKIが父親の悲しみから解放される瞬間が、

初めてハードロックのCDを聴いた時だったのが起源なのです。

 

小学生ながら、最愛で憧れの父親を自殺で失って、

誰にも語れない悲しみに包まれた中、CDショップで唯一目に入ったのが、

「KISS」という人気ハードロックバンドでした。

引用元:http://toy-music.net/blog/70年代前半、東海岸から登場したアメリカン・ハー/

 

化粧をしていて異様な恐怖感に包まれたレコードジャケットが気になり、

レコードを買いました。

 

すると、「破壊的で激しいビートと叫びで創られた音楽」が待っていたのです。

これを聴いている瞬間だけが、唯一悲しみから逃れられる。

こんな体験をきっかけに、ドラムを始めてバンドを組んだのです。

 

そして、作曲の構成がクラシックの曲調に激しさが加わった音楽で、

他のハードロックよりも深く、優雅な楽曲が出来上がりました。

深すぎるストーリーが、音となって多くの人を魅了するものとなりました。

 

YOSHIKIの自伝を僕は、新島に行く途中の夜中のフェリーで読んだのですが、

ものすごく泣きました。

映画とかドラマでは、あまり泣かないので、

自分の感情を通じて、深い世界観を学びました。

XJAPANのYOSHIKIがテレビ番組でバカにされた時の対応!

XJAPANがメディアに出はじめた頃は、

テレビや音楽雑誌などで、ものすごく叩かれていました。

 

「テレビに出て、化粧をしてハードロックとは、どういう事なのか?

「常識考えろよ馬鹿野郎!」

 

そう言われ、本当にピアノなんて弾けるのか?

と司会者の和田あきこさんに問い詰められた時に、

YOSHIKIは、即興でピアノを本気で弾いたのです。

 

クラシックのアドリブピアノを即興で弾かれると、

もちろん番組全員が驚きの顔ですよ。

「自分たちは、ただのバカじゃない!本気なんだ!」

 

そんなメッセージをその映像から僕は感じました。

しかも、口答えではなく、行動で示しました。

 

ちなみに僕もギターアドリブを毎日弾いているのですが、

言語の壁を超えて、

音の世界を自由自在に創造できるのが最高です!

 

ギターは、ドラムの様なパーカッションの要素を組み込める楽器で、

ものすごく表現の幅が広いのです!

 

ただ好きとかではなく、

1つのアートとしての音楽が好きです。

その大きなきっかけをくれた1人が、XJAPANでした。

 

僕もXJAPANのような深さを追求して、多くの人を魅了できる情報発信をしたい!

僕もXJAPANのようなコンテンツを創れるようになりたい!

そんな気持ちで情報発信をしています。

 

いくら稼いだとか、稼ぐ方法とか、もちろん大事ですが、

そういう次元を超えた段階の

コンテンツの深さを追求したい!と本気で思っています。

 

稼ぐ方法しか言わないって、なかなかつまらないですよ。

僕が学ぶ方でも、面白くないです。

 

僕が音痴で音感もなかったのに、

バカにされながらもギターを始めて、バンドを組んで、

1度目のライブで大失敗をしても、月1でライブを出来て、

 

バカにしてきた周りを見返すことができたのは、

XJAPANのような次元のアーティストが僕に勇気をくれたからです。

 

XJAPANは、まだまだ敵わない圧倒的に上の存在ですが、

誰に無理と言われようが、批判をされようが、

決意をして行動をするのは、僕です。

 

批判があれば、批判の理由がないくらいまで、

自分のレベルを上げていきたいです!

 

それは、XJAPANが昔は批判の嵐だったのに、

今では総理大臣や天皇の前で、曲を奏でて欲しいと頼まれたように!

多くのファンと深い繋がりを長く保っているように!

 

僕もそんな世界を創れるように、

もっともっと学んで、アウトプットして、

良いものを提供できるように、日々鍛錬していきます!

 

では、今回は以上です。ありがとうございました!

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたい!
という強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です